読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

厦門に行ってきました4〜コロンス島編〜

旅行

厦門からフェリーで40分のところにあるコロンス島へ。

f:id:yamamotoari:20160918214220j:image

厦門に来たらまずここへ!

という超超超人気の観光地であます。

 

なので、フェリーは満席。

当日10時にチケット売り場に行っても15時発のフェリーしか空席がない状態です。

友人Y子が前売りを買ってくれていたので午前中のフェリーに乗れました。

今回の旅は本当にY子に感謝!!

 

コロンス島内は自動車禁止。

f:id:yamamotoari:20160918215810j:image

昔はここに領事館があり西洋人もたくさん住んでいたそうで、クラッシックな洋館や…

f:id:yamamotoari:20160918215943j:image

昔ながらの中国の民家がミックス。

f:id:yamamotoari:20160918220029j:image

f:id:yamamotoari:20160918221030j:image

とても雰囲気のある街並みなのです。

 

コロンス島の海沿いから見る厦門市内。右はしには厦門に向かってそびえ建つ巨大な鄭成功

f:id:yamamotoari:20160918222355j:image

 

本当は鄭成功近くまで行くはずが、暑さと島内をかなり歩いてしまい長い休憩を挟み時間が無くなってしまいました。

 

でもまたそのうち厦門来るから、その時行こうと。旅は名残おしいくらいが丁度いい。

 

そんな感じで厦門を楽しみました。

海外で異常にたくましくなったY子に惚れ惚れ。

 

 

厦門に行ってきました3〜世界遺産 土楼 編〜

旅行

世界遺産の「土楼」へ連れて行ってもらいました。

あまり知名度がない土楼。あまり期待しなかったのですか、さすが世界遺産

素晴らしいです!

 

土楼とは、客家人が作った集団生活のための伝統的な建築と言いましょうか。なので土楼に住む人たちは皆親戚だそう。

 

これがまた遠いんだわ。厦門市内から車で4時間!山道をずんずん進んでやっと到着!

 

「田螺坑土楼群」

f:id:yamamotoari:20160916143151j:image

※ここはただの観光を意識した入り口です。昔はこんなの無かった!観光地化してる!と驚く友人Y子。

 

この一帯に5つほどの土楼があり、AとBの2コースにわかれます。

f:id:yamamotoari:20160916143215j:image

1コース回るのに2時間半くらい。土楼と土楼の間がけっこう離れているのよ!

私たちはBig土楼とOldest土楼のあるAコースに。Oldest土楼はなんと700年前の建築だそう!日本は鎌倉時代か…。そんな建造物が残っているなんて考えられない!

 

土楼間の移動は指定のバスだそうですが、Y子が交渉してガイド付き(中国語のみ)で自家用車巡回OKに。

 

まず塔下村にある徳遠堂(張氏宗廟)へ。

 f:id:yamamotoari:20160916143338j:image

左右どちらの足から入ると決まりがありました。(女性は右だったかな…。間違えてたらごめんなさい…) 

堂内には、「故郷を忘れずに」という意味の振り向くトラの絵と、「家族を大切に」という意味の子トラと戯れるトラの絵。

f:id:yamamotoari:20160916144025j:image

f:id:yamamotoari:20160916144042j:image

出稼ぎ文化の中国らしい!トラがモチーフなのも中国だね。

 

こちらは石龍旗杆。(石碑です。)

 f:id:yamamotoari:20160916143406j:image

 

塔下村にあるお茶屋(ガイドさんの実家!笑)にも寄り、お茶プレゼンタイム!

ガイドさん、ぬかりないよ!

f:id:yamamotoari:20160916144141j:image

しかし、このお茶がとんでもなく美味しく買いました。

ハーブティーなんだけど緑茶感がつよく完全に和食に合う味です。しかも香りがすっごいよくて気持ちが落ち着く…。

お湯の温度でかなり味が変わる中国茶ですが、これは100度のお湯で淹れていいそう!(基本70〜80度。100度で淹れるお茶はなかなかない。)

季節によってブレンドが違うんだって。

 

そして到着、

700年前に建てられたOldest土楼!

f:id:yamamotoari:20160916144223j:image

壁はなんと赤土と米のとぎ汁だそう。

それでこんな丈夫になるの!?

土鍋に米の膜を張って頑丈にするのと同じじゃん!

と思いました。

先人の知恵すごいわー。

側面ヒビが入ってるとこもあるんだけど、壁の厚さ1mあるから大丈夫。ってことを言ってました。

 

中はこんなかんじ。ここに何十世代も暮らしています。(今でも普通に住んでいるんですよ)

 f:id:yamamotoari:20160916144253j:image

真ん中は神様。(どこの土楼にも神様が祀られております)

1階は水場で、各家は縦に暮らしているそう。

3階部分、一部壊れてます。誰も住まないと壊れていく…。こんな貴重な建造物が!もったいない!

それにしても家族やら親戚やら一族でここに暮らして気まずくないのかな…。
と現代人な考えが出てきますが、そういう時は徳遠堂のトラの絵を思い出しましょう。
一族を大切に!!!

f:id:yamamotoari:20160916145303j:image

和気あいあい。

 

 

聞いたところによると、昔から土楼に住むみなさんは小さなコミュニティで生活をしているので、問題が起こると話し合いをするのが常だそう。

小さい頃からそれが日常なので、ディスカッション能力が非常に高く、出稼ぎ先で成功する人が多いらしい。

はぁ〜、土楼コミュニティすごいね。

 

そしてこちらがBig土楼!

下から。

 f:id:yamamotoari:20160916144334j:image

上から。

 f:id:yamamotoari:20160916144350j:image

すごい迫力!とにかくでかい!!

 こんな山奥で崖崩れとかなかったのねぇ。

 

中はこんな感じ。

 f:id:yamamotoari:20160916144412j:image

こちらの土楼の神様はなんだかポップ。

 f:id:yamamotoari:20160916144428j:image

1階のリビングにはちゃんと食卓。

 f:id:yamamotoari:20160916144445j:image

 

ここの土楼は真ん中に井戸があって魚が泳いでおります。

f:id:yamamotoari:20160916144503j:image

なんと、この魚の健康状態で水の良し悪しを診ているんだって…。魚が死んじゃったら汚染されてる証拠。

文明が発展しまくった現代においてこの検査方法。ぶったまげた。

 

ガイドさんがいてくれたからか(通訳してくれたのY子だけど。)すごくわかりやすく楽しかった。歴史がありすぎて、感動します。

 

漫画家友達の水谷緑さんは学生時代に建築雑誌で「建築家が行きたい建築物 」に土楼が選ばれていたのを見て憧れていたそうです。

でも行った人見たのは私が初めてだとか。

たしかに、土楼は中国人観光客以外いなかったな。ガイド冊子も中国語と英語のみだったし。

 

行く価値はものすごくあるので、機会があれば是非!!

とにかく遠いので、行かれる方は丸一日とってください。

私もまた行きとおございます。

厦門に行ってきました2〜ごはん編〜

旅行 外ごはん

「まずは良いもの食べよう!」

 

ということでY子とY子の家族にホテルの高級レストランへ連れてきていただきました。

うおおん…私なんかに…。

北京ダック

f:id:yamamotoari:20160912235828j:image

フォアグラの炒め物

f:id:yamamotoari:20160912235846j:image

北京ダックの肉で混ぜ御飯&チャーハン

f:id:yamamotoari:20160912235918j:image

川魚のスープ(唐辛子の下にスープがある)

f:id:yamamotoari:20160913000048j:image

野菜のくたくた煮

f:id:yamamotoari:20160913002928j:image

こんな豪華でいいのかな!?と思いながら

苦しいほどたべました。

めちゃめちゃおいしかったです。

あんな山盛り北京ダックはもう一生見ないとおもいます。

 

「地元密着的なところに連れて行って欲しい」

という“あるある”なリクエストにも答えてくれました。

 f:id:yamamotoari:20160913000121j:image

海鮮のお店らしい。

地元密着すぎて在住のY子も初めて来たって。笑。会社のスタッフに聞いてくれたらしい。

外にはごはんをわけてくれ〜とたむろする野犬が!

入り口に並ぶ食材を選んで料理をリクエスト。

f:id:yamamotoari:20160913000322j:image

中国語できないと完全に無理だわ〜。

食器をガチャガチャ水に浸してるお客さん発見。

f:id:yamamotoari:20160913000349j:image

何なのか聞いたら「お茶で洗っている」そう。

何の洗剤使ってるかわからないからか、何なのか心配な人はやるそう。意外にも中国人のがやってる人が多いとか。

せっかくなのでやってみた。

f:id:yamamotoari:20160913000419j:image

普通に飲むお茶だし、熱湯ってほど熱くなしい、洗浄になっているか謎!笑。ビールグラスも温まってしまい、若干後悔。

 

で、頼んだイカや魚の揚げ浸しやスープや豚の包み揚げ。

f:id:yamamotoari:20160913000523j:image

すごい、油と香辛料のパンチが!!!

威力が凄すぎて完食できず。

現地の方は海老の殻とか食べカスを全てテーブルに直置きするのでビニールが敷いてある。

客が変わるとビニールを変えるのである。

 

人気の飲茶のお店にも。

f:id:yamamotoari:20160913000631j:image

ここは写真の無いメニュー表にチェックしてオーダー方式なのでこれまた中国語ができないと来れない。

 f:id:yamamotoari:20160913000701j:image

丸いパンは、念願の角煮入りメロンパンだったー!

甘いクッキー生地と角煮って結構合うもんだね!角煮の八角が効いてるからかな。

 

シックな内装のオシャレ四川料理屋では

四川の激辛堪能!!

f:id:yamamotoari:20160913000835j:image

テーブルにはいきなりフルーツが置かれていた。

f:id:yamamotoari:20160913002430j:image

中国は食後に甘いものを食べる習慣がないそうで、何故が食前にフルーツを食べるそう。

 

春雨のすっぱ辛いスープ

f:id:yamamotoari:20160913000856j:image

前にナイトスクープでポン酢に漬けた白滝はすすれない。絶対むせる。ってのがあったんだけど、まさにそれです。

むせまくりですが、めちゃめちゃおいしいので、ゆっくりすすりながらいただきました。

 

エビと唐辛子の激辛煮

f:id:yamamotoari:20160913000909j:image

 匂いがある中国の白米も辛さと油たっぷりの料理にぴったり。漫画のようなこんもりご飯。

f:id:yamamotoari:20160913000927j:image

こういう食文化感じるところが海外の醍醐味だー。

ここはどれも日本には無い辛さで、おいしく感激!辛い辛い言いながら完食しました。

 

厦門の郷土料理 沙茶面も食べに行きました。

人気店だそう。

f:id:yamamotoari:20160913001002j:image

好きな具を選んで入れてもらうスタイルなので、ここも中国語必須!

f:id:yamamotoari:20160913001815j:image

お客さんいっぱいだったわ。

f:id:yamamotoari:20160913001739j:image

これが沙茶面

f:id:yamamotoari:20160913001103j:image

ピーナッツペーストと油の超ぐど〜い濃厚スープに太麺。

私はイカと肉団子を選びました。

コレ、好きだわ〜。胃をイジメる重さ。

かなり個性的な味なので日本には来ないかなー…。厦門に行ったら是非。

 

Y子がお勧めのマレーシア料理「ラクサ」のお店にも。

f:id:yamamotoari:20160913001135j:image

ここは海鮮と肉の2種のみ。

海鮮ラクサにしました。

f:id:yamamotoari:20160913001157j:image

ラクサ、ココナッツカレースープラーメンじゃん!めちゃめちゃうまーっっ!!!

もっと滞在が長かったらもう一回行ったなー。

ニュージーランドにサマースクール行ってラクサ食べて感激したオーナーシェフ厦門に帰って店を開いたんだって。これは地元に紹介したいね。

 

高級料理〜地元飯まで色々食べれた厦門

どれも日本じゃ作れない味付け。

メキシコ行ったときも思ったけど、本場は日本で食べるのとは本当に全然違う!

1番違うのが容赦無い辛さと油の量。

和食って本当に優しいよ。

 

店名、中国語変換ができず書いてません。

写真に写ってるのもあるので…すいません…。

あと料理名もテキトーです…すいません…。

 

厦門つづく。

中国 厦門に行ってきました1〜パン屋編〜

旅行 パン

小学校時代に台湾に行って離れ離れになった

親友Y子とまさかのSNSで再開。

別れた当初は文通していたんだけど会いに行けないし、お互いの世界ができてしまい疎遠に…。

 

まさかネットで再開できるなんて!

厦門で企業をしているそうで二十数年ぶりに会いに行きました。

海外で企業って、「世界で花咲くなでしこ」じゃん!

f:id:yamamotoari:20160911164039j:image

 

厦門は成田から4時間なのであっという間。

厦門空港まで迎えに来てくれたんだけど、

お互い顔見てわかるという奇跡!笑。

喋り方も小学校時代と同じで懐かしかった。

変わったことといえば、Y子はトリリンガルになっていたということでしょうか…。すげい。

日中英語、世界何億人と会話できるんだ…!

 

私がパン好きということで、さっそく

色々とパン屋に連れて行ってくれました。

 

厦門に進出した群馬のパン屋「DIJON」。

なぜ、群馬のパン屋が…。

f:id:yamamotoari:20160911164927j:image

内装はこんな感じ。日本語発見!

f:id:yamamotoari:20160911165020j:image

メニュー名は中国語と日本語。

f:id:yamamotoari:20160911165040j:image

日式=日本式 だそう。

 友達曰く、ここが1番おいしいらしい。

 

 台湾からきたパン屋「85°C」。

f:id:yamamotoari:20160911165554j:image

斜め下の茶色のモジャモジャしてるやつ、

去年行った台湾で見たわ!

f:id:yamamotoari:20160911165613j:image

ここはすんごい人気で夜までお客さんが満杯。

 

高級地帯にあるパン屋で、フランス人の男性(奥様中国人)がやっているそう。

「THE F.BAKERY」

f:id:yamamotoari:20160911165820j:image

中国では柔らかいパンが人気で、

固いパンはここでしか買えないんだって。

フランスパン以外にもフォカッチャやクロワッサン、パンオショコラなど揃っていました。

f:id:yamamotoari:20160911170019j:image

ディスプレイの仕方がおしゃれで、たしかにヨーロッパっぽい!

f:id:yamamotoari:20160911170055j:image

厦門で欧米人1人しか見なかったくらいだからここ一軒くらいで足りるのかしら。

 

こちらもオシャレパン屋

「METINIT」

 f:id:yamamotoari:20160911170501j:image

真ん中にショーケースディスプレイって流行ってるのかな。

f:id:yamamotoari:20160911170528j:image

しかし夜に行ったせいか、全く商品なかった!

f:id:yamamotoari:20160911170738j:image

中国、パンが人気なんだなー。

 

「面包公爵」

f:id:yamamotoari:20160911171415j:image

“面包”ってパンの事なんだよね。

自然発酵 健康手作 の文字が。

ここも夜行ったからあんまりなかった〜。

f:id:yamamotoari:20160911171541j:image

この黒いパンが人気だそう。

f:id:yamamotoari:20160911171625j:image

 

巨大スーパーのパン売り場にもGO!

f:id:yamamotoari:20160911171022j:image

まんま日本の惣菜パンだなぁ。

f:id:yamamotoari:20160911171105j:image

 

ホテルの売店にもパン!

f:id:yamamotoari:20160911171712j:image 

 

意外にパン屋が多くてビックリ。

 どのお店でも試食程度にいただきましたが、

どこも"日本の昔ながらのパン屋の味"だった!

カスタードも卵より砂糖多めって味で、ノスタルジー…。

Y子曰く「昔よりは美味しくなった」そう。

 

厦門つづく。

 

 

常備菜と常備菜のアレンジレシピ

レシピ

野菜を大量にいただいたので、常備菜沢山つくりました。

f:id:yamamotoari:20160822155935j:image

無花果コンポート、

ちくわとインゲンのカレーマヨ炒め、

ししとうの梅煮、

じゃが芋と豚肉の焼き肉のタレ炒め、

紫玉ねぎのマリネ、

ゴーヤの炒め煮、

ナスとピーマンの味噌炒め、

枝豆、

蒸し鶏(←コンビニ惣菜。作ってない!)

 

で、数日後は飽きるし食べきれないものはアレンジ。

 

ししとうの梅煮をアレンジ

【和風パスタ】2人分

f:id:yamamotoari:20160822155949j:image

オリーブオイル 適量

ベーコン 4枚

梅煮(汁ごと) 好きなだけ

塩胡椒 少々

麺つゆ 適量

パスタ 200g

海苔 好きなだけ

 

オリーブオイルでベーコンを炒める。

梅煮(汁ごと)を加え塩胡椒、麺つゆを少々加える味を整える。

茹でたパスタと茹で汁少々を入れ混ぜる。

海苔をのせて完成。

ししとうの梅感がサッパリでおいしい( ^ω^ )

 

 

 じゃが芋と豚肉の焼き肉のタレ炒めをアレンジ

食べきれなかった巨大ししとうのグリル焼き(ごま油&塩の味つけ)も加えました。

f:id:yamamotoari:20160822160027j:image

【スパニッシュオムレツ】

f:id:yamamotoari:20160822160121j:image

じゃが芋と豚肉の焼き肉のタレ炒め 好きなだけ

ししとうのグリル焼き 2本

卵 4つ

 

じゃが芋を薄切り、ししとうのも1cmくらいの角切りに。

フライパンで焼き肉のタレ炒めとししとうを軽く炒める。

ボウルに卵を溶いて炒めた具を入れる。

フライパンにながして弱火でじわじわ焼く。

片面が焼けたら蓋を使ってひっくり返す。

中まで火が通ったら完成。

焼き肉のタレ味がシッカリついているので何もつけず食べれます!

イングリッシュマフィンと朝食に食べたけど、朝食いうよりお弁当のおかずやつまみに良いよ。

f:id:yamamotoari:20160822161009j:image

 

常備菜無花果のコンポートをアレンジ

無花果パウンドケーキ】

 f:id:yamamotoari:20160822161825j:image

バター 20g

砂糖 20g

卵 1こ

ヨーグルト 50g(たまたま冷蔵庫にあったので入れました。無くても大丈夫かと。)

ホットケーキミックス 100g

無花果コンポート 3つ

コンポートの煮汁 大2

 

常温でとかしたバターに砂糖、卵、ヨーグルトを混ぜる。

ホットケーキミックスを入れ混ぜる。

コンポートの煮汁と角切りにしたコンポート2つをざっくり混ぜる。

型にながして飾り用のイチジク1つをお好きに切って生地の上にのせる。

予熱170度にしたオーブンで50分焼く

もっちりしてすごいおいしかった!HM使うと生地が甘めなんだけど、コンポートは酸味があるのでバッチリはまりました。

 

前回の常備菜アレンジはこちら。

常備菜アレンジ - 山本あり blog